6m用フォークヘンテナを作ろう(2)

さて、「フォークヘンテナを作ろう」ということが決まったので、エレメントの分解・組み立て方法を調べると、7L1UGCが製作された超軽量ヘンテナについてのPageが見つかった。水平エレメントをアルミパイプ差し込みで、垂直エレメントをワイヤーで構成されており、持ち運びが非常に簡単なように考えられているので、この構造をまねた。

このアンテナにはバランがあった方が良いが、これは製作が簡単なシュペルトップとした。6m用フォークヘンテナの寸法は、下図のようなものになる。1.5m×1mと、狭い部屋で作るとなると結構デカい。

b0027830_0215881.jpg


各部の構造は、下のようになっている。垂直エレメントの固定部は、7L1UGCが作られたものと、恐らく異っている。組み上がったエレメント部も、重量は測定していないが実に軽い。6mモノバンドの運用とすればマスト代わりのケーブルキャッチャーと合わせても、荷物がかなり軽くなるだろう。

b0027830_0221898.jpg


あとは、同軸コネクターの取り付けと全体の組み立て・調整だが、後者はヘンテナを会社に持ちこんで、昼休みにでも調整してみようと思う。注文したアンテナアナライザーが早く届けば作業も楽だが、MFJ社の直販サイトで購入したので一週間位かかるだろう…。(直接買った方が安かったから…)
[PR]

by buchi1201 | 2005-01-20 00:21 | 無線