<   2006年 07月 ( 14 )   > この月の画像一覧

卒業検定、合格した…

5月末から始めた運転免許の教習所通いも今日でいよいよ卒業検定!諸々の弱点を抱えつつもいよいよここまで来てしまった…。

10:00から受検者のグループ分けやら検定の進め方、検定中止条件、検定のスケジュールの説明。受検者のグループは基本的には4人組なのだが、私が組みこまれたグループは3人組で検定の順序は私が一番最後になってしまった。まぁ、最も気が楽か…。コースも路上駐車や不法横断の少なそうななんとなく一番楽な感じがするコースで、場内は縦列駐車。昨日のみきわめの時の方がハードなコースだったような気がする…。

11:00からはいよいよ検定開始!しかしながら、私の入っているグループは3人、教習車には受検者2名ずつ乗車なので、余った私は教習所でしばらく待ちだ。およそ50分位で教習車は戻って来て、やっと私の番。ただ、検定時、受検者は2名乗車することになっているそうなので、かわいそうなことに一番最初に乗車した女の子は連続して乗車^^;)。ハラハラドキドキで運転を続けて規定コースと自主設定コースを中止無しに乗り切ったが(ギアはトップも使って下さい、なんて言われたが…)、今回、コースのゴールが路上になり、ここで運転者交代になるのでギアをバックにいれるべきところを教習中の自主経路設定での地図確認のようにニュートラルにしたままにしてしまった。駐車措置を指摘されてしまって「あちゃー!」。私の次に受検者がいないので、検定員の運転で教習所の場内コースまで戻る。

場内では、縦列駐車で検定。車がポールからちょっと離れ過ぎかな?と冷や汗をかいたがポールにも当らず、脱輪もなくなんとかクリアして発着点に戻り検定終了!下車してから検定員が路上のゴールでの駐車措置の事前説明とかについて聞いて来るので「いやー、自主経路設定のときの駐車でよく止まる場所ですし、検定前には聞いてても舞い上がってしまって間違えてしまうんじゃないですかぁ」などと実にテキトーな答えを返す。もしかして、3人が3人とも間違えたんじゃないか…(笑)。

13時過ぎ、ついに合格発表!「卒業検定の合格者を発表しまぁす」と気の抜けたアナウンスとともに、電光掲示板を見ると私の受検番号にも灯が点っている。喜びよりも「あー、よかったー」という安堵感の方が大きい。合格発表の後は、免許センターでの学科試験合格後に提出する書類やら卒業証明書の交付があるのだが、その前に学科試験の模試をやらされる。なんでも、私の通っていた教習所のある地域では学科試験の合格率が低いそうで、そのためだそうだ。でも、まぁ、言ってはなんだが周囲に進学校や大学のように「試験慣れ」している奴等がわんさかいる地域ではないので、合格率アップはかなりしんどいと思う…。実際、教習所に来ている10代後半や20代前半かな?と思う連中を見ていると「なんじゃこれは?」と思うようなのが多かったからなぁ…^^;)。

最後にもらった封筒の中をみてみると、車につける「若葉マーク」がしっかりと入れられていました(笑)。
[PR]

by buchi1201 | 2006-07-30 15:46 | 自動車

なんとか第2段階みきわめ通過

今日はいよいよ第2段階のみきわめ!
しかしながら、先週の土曜日の高速教習(しかもAT車)から丸1週間、車に乗っていないので右左折時の減速チェンジとか、方向変換とかが非常に不安…。走行前には「普段の教習と同じですから」なんてことを言うが、やっぱり普段とは違う…。

相変わらず変速ショックは大きいものの、路上はなんとかやり過ごしたが、交差点直近に駐車していたバイクやらスーパーの買物客の路上駐車を避けるときには「寄せ過ぎですよ!」なんて言われる始末。場内の方向変換では、方向変換を終了して教習コースに戻るときに脱輪してしまった…。久し振りと言うのはこんなものか。しかし、相も変わらず方向変換のコースは順番待ちの車の列だ(笑)。そんなこんなで、なんとか路上・場内を走り終え、教習原簿にみきわめ良好の判をついてもらうことができた。

教習を終えた後、久し振りに神戸の元町に出向いてマイ・ファイバリットお菓子をお土産に購入。結構中毒性(というか習慣性)のある(笑)せんべいなので要注意…。元町からブラブラ三宮まで歩いて、阪神電車で大阪にある車のディーラーさんまで向かう。梅田駅からディーラーさんまではさほど距離もないので、道端でもらった団扇で扇ぎつつぶらぶらと歩く。いやぁ、しかし、夏に街中を歩くとお嬢さん方が眩し過ぎるゼッ!

ディーラーさんで任意保険の説明を聞いたり納車前の車を見たりして、しばらくすると、このblogでも時々コメントをつけて頂いているうきっきさんが登場!車の購入話等々のあと梅田まで車で送って頂く。ありがとうございます!

あしたはいよいよ卒業検定!減速チェンジは、方向転換は、縦列駐車は大丈夫なのかっ?
[PR]

by buchi1201 | 2006-07-29 21:29 | 自動車

おいおい、契約しちゃったよ!

まだ、第2段階のみきわめも卒検もまだだと言うのに、車の購入の契約してしまいました(笑)。もう、後戻りはできません!(するつもりもないし…)

教習所に通い始めると同時に車種の選定を始めていたが、購入するディーラーさんも決めていたし、ディーラーさんと好きな自動車メーカーもマッチしていたので、もうほとんど軽自動車にするかコンパクトカーにするかのまさに2車択一だった。最初は無難な普通車にしようとコンパクトカーに決定。正直、始めのうちは中古も検討していたが、中古車のバイヤーズガイドに書いてあるように簡単に行くはずもないだろうし、購入にかなりのテクがいるようなのでパス…^^;)。しかし、車を購入すると言うのはローン然り、任意保険然り、車庫然りで手間のかかるものだ。

車種は巷でよく見かけるアレだが、色は「なんとなく乗ってる人少なそう」という感じと「夜間でもかなり視認性が高そう」という基準からあの色に…。

「アレ」とか「あの」が多いが詳細については、『まて次号!』(誰も待ってないが)
#このあとに某少年誌なら『◯◯先生の作品が読めるのは…だけ』と続くが(笑)
[PR]

by buchi1201 | 2006-07-23 20:44 | 自動車

高速道路ってステキ…

なんだかんだと指導員に注意を受けながらも何とか復習項目を消して(もうすでにこの時点で4時間オーバーだが…)、今日はいよいよ高速教習。
地域によっては「半端じゃなく危ない状況」なのだろうかシミュレータでの教習のところもあるようだが、私の住む地域では実際の高速道を走る教習だ。ま、高速道と言っても最近無料化されたバイパス道で70km/h制限の道路なのだが…(路面の状況も実はイマイチ)。

高速教習は、本来、教習生3人+指導員で行なうのだが、何故だか今日は教習生は2人だけ。「男2人だとかなりむさくるしいな(笑)」と思っていたがもうひとりは幸なことに見目麗しい若い女性だったのでほっと一安心…(笑)。走る順番を決めて教習車のプリウスで高速まで向かう。

始めは一般道で女性の教習生からスタート。途中で私に交代して、いよいよ高速道に突入!車の音が静かなので気が付くと制限速度を10km/hも越えて80km/hくらいになっている。周りの車の流れに乗ろうとすると、本来、制限速度+20km/h程度はないと厳しいのだろうがあくまで教習、「制限速度を守る」という大前提があるのでアクセルをチマチマ緩めて速度を落す。サービスエリアでは車庫入れの練習。加速車線や車線変更で速度を出すよりも、こちらのほうがよほど緊張する。両隣は他人の車だから…^^;)。

高速教習を終えて教習所に戻ってからは、昼食を取って学科の効果測定。それが終ると、次は車の購入に備えて車庫証明の申請用紙を取りに警察署へ向かう。申請用紙の交付窓口に行くと、内側のデスクにはいきなり拳銃が…(笑)。私がじーっと見ているとそそくさと片付けていた(と言っても書類の間に隠す程度だったが)。お次ぎは、不動産屋に行って月ぎめ駐車場の契約。こちらはすでに自宅近所の駐車場の空きを確認していたので、車を入れやすそうなところを選んで住所と名前を書いて、はんこを押して終了。

教習は残すところ第2段階のみきわめと卒業検定だが、みきわめまで1週間も開いてしまう。大丈夫か俺?
[PR]

by buchi1201 | 2006-07-22 18:03 | 自動車

なんとか復習項目は消えたが…

今日も夜間の時間に実技の教習…。暗いに加えて、雨で視界は悪いは、路面の光の反射はきついは、と言う悪条件の中での路上教習だった。

指導員は学科でも実技でもこれまで1度も当ったことのない人で、「どんな人やろ?」と思っていると、これまたかなり苦手なタイプのオッサンである(笑)。しかしながら、『ミスター交差点』のような指導員で、開口一番、「減速チェンジは皆な苦手。今日は交差点の右左折を徹底的にやります」と宣言。教習所の常で、『指導員毎に言うことが違う』という点はあったが、見かけに寄らず(笑)要所要所で丁寧なアドバイスをくれるので(もの言いはきつめだが…)だいぶまともに交差点の通行ができるようになってきた。でも、まぁ、「復習項目は消しておきますが、教習所のレベルではこの程度が限界です」という位の下手さ加減のようでまだまだ精進が必要なのだが…。ほめられたのは幹線道路での車線変更位だ^^;)。

#幹線道路のような規格の高い道路で速度が出せるのはあたりまえだ。そのように設計されているんだから…。一応、道路工学は履修しているのでその辺は理解してアクセル踏むぞ

とりあえず、復習項目は消えたので、土曜日は高速教習に出られるぞ。
[PR]

by buchi1201 | 2006-07-20 22:54 | 自動車

予想は大当たりだったが…

今日の教習の予定は1コマだけ残った学科だけだったのだが、「もしかしたら教習車にキャンセルが出てるかもしれへんなー」という妙な予感がして、学科よりも1限早い時間に教習所へ着くように会社を出た。

教習所の受付に行くと、事務の人と指導員が内線電話でゴニョゴニョ…。「これは下の学科の教室に車に乗る人間を聞いているのかも…。チャーンス!」と惣流・アスカ・ラングレーの如くほくそ笑んでいると案の定、「車が1台開いてますけど、乗る人いませんかー?」の声が!当前のごとく「乗りまぁす!」と手を上げていそいそと車のところへ向かう。

しかしながら、1時間乗ったからといっていきなり「さらにできるようになったな!」というわけにも行かず、相変わらず4.進路変更(左折時の左寄がだめなんだ)と6.交差点の通行の復習項目が消えない。減速チェンジがうまくいったときは確認ができてなくて(見てるつもりなんだが)、確認ができているときは減速チェンジができないというような状況なんだそうだ。(昨日の記事で、7.歩行者等の保護が…なんて書いていたが4.進路変更だった)

第1段階の狭路ではまったときの追加教習のときにあたった指導員は、切り返しの仕方や狭路の抜け方を絵に書いて説明してくれたので割りとあっさり理解できたのだが、これは私が絵とグラフと数式で説明したりされたりと言う環境に長年いたからだろうな。交差点の通行も絵に書いてくれよ!

と、思っていたらこんなPageが…。
[PR]

by buchi1201 | 2006-07-18 22:26 | 自動車

復習項目が消えねー!

この3連休は教習所通いで過ぎ去ったが、いまだに復習項目が消えない…。
消えない復習項目は、6. 交差点の通行と、7.歩行者等の保護…。

6.の「交差点の通行」は、未だに交差点左折時に合図→減速→左寄せ→セカンドにチェンジ→巻き込み確認→曲るという行程がうまくできないのだ。要は減速が不充分だと言うのは分っているのだが、なかなかエンストと後続車が怖くてブレーキが踏めない…。なんだか詰められるような気がしてしまう。

7.の「歩行者等の保護」では、歩行者や自転車は避けるんだがもとの車線に戻るのが急過ぎるらしい。しかし、狭いくせに交差点の多い道なので前後で雪隠詰めに合わないようについつい早くもとの車線に戻ろうとしてしまう…。

ちなみに今日は交差点で発進するときにローギアに入れ損なってスタートでもたついてしまった。早速、後続車からクラックションのプレゼントを頂きました(笑)。まぁ、とにかく慌てやすいのだから落ち着いて落ち着いて運転しないと…。

この復習項目が消えないと高速教習に出られないのだが、次の実技は金曜日…。その翌日に高速教習の予定が組まれているが、おそらくダメだろうな…。
[PR]

by buchi1201 | 2006-07-17 20:39 | 自動車

なんだ!このプレッシャーはぁっ!

と、いきなりガンダムチックに始まったが、路上で走っているとき私は異常にプレッシャーに弱くなるのだ(笑)。

例えば、交差点での左折のとき速度を落して左折しようとしてチラッとルームミラーが目に入り自分の後に車が並んでいるのが見えるととたんに「はよ行けー」というプレッシャーを後から感じて慌てしまい、減速チェンジから何から何まで目茶苦茶になってしまうのだ^^;)。
おまけに今日は教習場内での方向転換の復習のとき、卒業検定のAT車とバッティングしてしまいさらなるプレッシャーに襲われてしまった。こっちがもたもたやっているのを受検車が睨みつけているではないかっ!その視線とプレッシャーにいたたまれず、焦りも加わって操作は目茶苦茶、さらにドツボにはまっていったがなんとか方向を変え、脱輪も構わず「と、とにかく出ます!」と脱出する。その後、指導員から「急がなくてもよかったんですよ」と言われるが、あの状況では誰しも焦るだろう、普通…。

まぁ、気が弱いくせにせっかちという最悪の性格傾向が原因になっているのは承知しているのだが…。「もし自分の前が教習車でチンタラ走られるときっとイライラする、後の車もきっとそう考えているだろう、ならば早く進まねば」と操作がヘタクソなくせにそう思って焦ってしまい、かえって状況を悪化させてしまうと言う悪循環だ…。これをなんとかしなければ、いつまでたっても復習項目が消えない!
[PR]

by buchi1201 | 2006-07-16 21:41 | 自動車

方向転換・幅寄せ・縦列駐車

運転免許教習の第2段階もいよいよ山場の「方向転換」、「幅寄せ」、「縦列駐車」のところまでやってきた。
一応、運転教本を読んでイメージトレーニングをしつつ、覚悟を決めて望んだのだが言われるほど難しくは無い。無論、教習中に教わった「コツ」を忘れなければだが…。やっぱり難しいのは、交差点右左折時のシフトダウンの方だな。

ところで、教習所のロビーには中古車雑誌のGooが置いてあって無料配布されているのだが、今号の特集が「自動車に自転車を積んで出掛ける」という内容だった。当然、興味があるので教習までの待ち時間に読むわけだが、その記事の中の写真で非常に特徴のあるフレームの自転車が写っているのが目に入る。「ムムムッ」と小さい写真に目を凝らすと…

Gaap Tourやん!」

フォールディングバイクでは、他にはBD-1なんかも写っていた。

そう言えば、昨日教習所に行く途中17バイシクルのエクスウォーカーを見たような…。
[PR]

by buchi1201 | 2006-07-13 22:08 | 自動車

シフトダウンがヘタッピ(半クラも我慢が足りない)

最近は土日も教習所通いなので、無線のアクティビティがすっかり落ち込んでいる…。自転車には教習所へ通うときに乗っているのでボチボチというところだ。

さて、路上教習も7回ほど走ったが、どうも交差点右左折時のシフトダウンが下手で仕方がない。おまけに道が狭いと対向車にビビってついつい左に寄り過ぎてしまう。シフトダウンの方はもう少し早め早めの減速を意識して余裕を作るように、走行位置は心持ち右寄りを意識するようにしよう…。しかしながら、道は狭いは、交差点は多いは、交通量は多いはでAT車向きの日本の道だが、最近マニュアル車の運転が面白くなって来た。でも、自分が欲しいと思っている車種のグレードには残念ながらマニュアルがない…^^;)。

#車種・グレードは変えませんよ(笑)

ところで、今日のヒヤリ・ハットは「無灯火の自転車」だ…。教習所から出るときは徐行しているので亊無きを得たが、見通しの悪い交差点とかだと発見はかなり難しいんじゃ無いかと思う。自転車も軽車両で法律上は車なんで、もうちっと気合を入れて乗って欲しいものだ、自分も含めて…(無論、無灯火とかはしないけど)。これで、信号無視、無灯火は体験したので、あとは「傘さし」だな。

もうしばらくすると、学科と技能がセットになった「危険予測ディスカッション」という教習があるが、これって「KY活動」みたいなもの?今日も一日御安全に!
[PR]

by buchi1201 | 2006-07-10 22:28 | 自動車