<   2006年 08月 ( 10 )   > この月の画像一覧

宿題は朝の涼しいうちにやっておきなさい!

とは、夏休みの常套句だが、さすがにこう暑い日が続くと真っ昼間に走る気分にはなれない。
と、言うことで明石海峡大橋までざっと走ることにした。往路はいつもの自転車道を通って行ったのだが、復路は自転車道方面に入る交差点で「いつもいつも同じ道と言うのはつまらん!」と思ったので国道256号「明姫幹線」を走って帰ることに…。
明姫幹線は、今年行なわれる国体の自転車ロードレースのコースになっている道だ。車がちょっと多いのが難だが、時間帯と曜日を選べばさほど酷くもない。自転車道と比べて風の影響も少ないし、速度が乗らない原因になる歩行者もいないのでかえって走りやすいくらいだ。実際、ローディな人はほとんど明姫幹線の方を走っているだろう。Gaapで走っても、普段よりも早く自宅付近まで到達できた。

今度から、こちらの方を走ろうかな…。

b0027830_1651167.jpg

[PR]

by buchi1201 | 2006-08-27 16:51 | 自転車

初の県外自動車出張

普段、出張と言えば鉄道なり飛行機なりを使うことがほとんどなのだが、今回はヘルメットやら、ライフジャケットやら、資料やらでさすがにこれらをぶら下げて鉄道で移動するのはつらい(特に乗り換え)と感じたので、ついに自動車で出張に出ることにしてしまった…。

日曜日の午後から自宅を出発して、カーナビの言う通りに明姫幹線を西にひた走って姫路バイパスに入り、次は山陽道へ分岐!というところで分岐のポイントを間違える(笑)。一旦、一般道に降りて、再度、播但道に乗り直して今度は何とか山陽道へ…。瀬戸内中央道の料金所で、播但道ではETCを使えない入口から入ったくせに、ETCレーンに入ってしまうと言うみっともない間違いはやってしまったのだが、何とか目的地の四国中央市に到達!

月曜日の夕方からは、四国中央市から高松市へ移動。こっちは日が暮れてからの走行だったが、交通量も少なく、阪神高速で高速道の夜間走行は体験していたので松山道から高松道まではストレス無く走行できたのだが、難関は高松市内の一般道…。高松の交通マナーは劣悪とは噂に聞いていたが、原付は2列併走するは、交差点付近での駐車、妙に速度の遅いタクシーがいると思えば、ガンガン飛ばして行く車まで、もう色々…。私も免許取り立てで運転はヘタクソなのだが、あれはそう言う次元の話ではないなぁ^^;)。

一夜明けて、今度はJR高松駅まで行き、そこからさらに訪問先の会社まで走らなければならないのだが、高松の真の恐怖は朝の通勤時間帯にあった!そもそも「?」な構造の道が多いのだが、高松駅周辺の横断歩道には信号機と言うものが見当たらないので人並みが途切れず左折もままならない…。朝の高松駅周辺なんて入るもんじゃないな。

出張先での仕事を終えて、会社へ戻るために高松〜鳴門ヘと抜けるが、途中、対向2車線の自動車道になる。トンネル内は結構顔色を青くして「はやく片側2車線になってくれぇ!」と願いつつ走行。大鳴戸橋の近所まで来て車線が増えてほっと一息…。淡路島を抜けて明石海峡大橋を渡って第二神明と合流すると馴染のある道になって、やっと安堵のため息…。

今回は、1時間に1回は必ず休憩を取ることと、制限速度は可能な限り遵守することを基本に走行したが、なんとか生きて自宅に戻ることができた…^^;)。
[PR]

by buchi1201 | 2006-08-22 22:33 | 自動車

復活!My Fit

この間の日曜日にリアガラスをぶち破ってしまった私のFitだが、今日、修理完了して戻って来た!
「やってしまった」とき、ディーラーさんは夏期休業中で、とりあえず整備工場にいれておいてもらっていたが、休み明けに速攻で見積りの回答があり意外と安い金額で収めてもらった。修理内容はリアガラスの交換、ガーニッシュの交換、若干の凹みの補修。
車はディーラーさんが運んで来てくれたので助かった。何せ、明日の土曜は出勤日で、日曜は夕方から出張なのでどうしようかと思っていたところだ。

某所では「ザクレロと同じ黄色だけに装甲が弱い!」とも言われているが(笑)、やはり、ええ車体色ですよ!しかし、ザクレロは酷い!せめてファニーデビルと言って…。でも、ベルゼルガ物語って読んだことないだよな…^^;)。

後半、なんのことやらさっぱり分りませんね(笑)。
[PR]

by buchi1201 | 2006-08-18 20:34 | 自動車

Es爆発!淡路市城の瀬山移動運用ポタ

6/18の洲本行き以来、教習所と明石海峡大橋公園くらいまでしか走っていなかったが、今日は久々に淡路市は城の瀬山までGaapで無線の移動運用に出ることに…。

朝6時半頃に自宅を出て、自転車道を通って明石港までまず走る。が、季節は夏、早朝から散歩の人が多く右に左に避けながら進むのでなかなか速度が乗らない。7時45分発のフェリーに間に合うかな?と思いつつ明石港に到着したら、なんとかギリギリでフェリーに間に合った。午前中に集中して運用しようと思うと、7時45分発のフェリーに乗り込むことが必須条件なのだ。

岩屋に到着すると早速走り始めるが、「おっ、モバイルギア用のアルカリ乾電池のストックがなかったんや!」と思い出してコンビニに立ち寄り、改めてスタート。しかしながら、久し振りの坂道でかなり息が上がる。淡路SAまでのアップダウンを越えると、次はSA横の延々続く坂道を登る。横を走り抜けて行く軽自動車もかなり苦しそうだ。坂道を走ると言うのは、自動車を運転していてもかなり気合がいることは一昨日、昨日とFitで高速道を走ったときに気が付いたが(ついつい、アクセルを踏みながら車に向かって「いけ!頑張れ!」と声をかけてしまう)、自転車では、気合の他に体力も必要なので久し振りの身にはかなりこたえる。アップダウンを越えて城の瀬山に着く頃には足はガクガクだ…。

b0027830_21153163.jpg


城の瀬山展望台の東屋でしばし休憩した後、無線の準備を始める。その時、それは起こった!HB9CVアンテナを組み立てていて、エレメントをブームに取り付けたときHB9CVの命とも言えるフェーズラインが圧着端子の根元で「プチッ」と切れてしまったではないか!予備のパーツも圧着工具も持って来ていなかったので、「こらどうしようもないなぁ」とあきらめてHB9CVの片側のエレメントを使って即席ダイポールアンテナを上げる。しかし、50MHz帯をワッチしてみるとかなりコンディションが良いようだ。「うーん、300mの標高ではダイポール+5Wでは力不足!なんとか手は無いかぁ?」と考えていると、同軸ケーブルを入れている袋に圧着端子が付いた5D2Vの芯線が入っていたのを思い出した。これを使えば何とかなる!

レザーマンツールを取り出し、ナイフでフェーズラインの被覆を剥いて、鈎形に曲げた圧着端子の付いた5D2Vの芯線とからめて、銅製の芯線をムギュッと押え付けて固定。これでなんとかなるだろうと、改めてHB9CVを上げてワッチを始める。50.150〜50.300MHzあたりをざっとワッチするとEsが出ていて8エリアがオープン中!未交信の市郡を中心にコールしていく。その後、CQを出すと今度は北海道旭川市からコールバックされる。昨年の夏は旭川市の局とは結局交信できなかったのだが、1年待ってやっと交信に至った。昼すぎからもCQを出してみたが、今度は空振りばかり…。ワッチに回ると、福岡県宮若市から出ている局を見つけたが、余りに弱くて交信はできず。結局、13時過ぎには撤収して、山を降りることにする。

b0027830_21155315.jpg

b0027830_2116950.jpg

b0027830_21162713.jpg


ところで、Gaapの方だが、これまで使っていたサドレコFlowが壊れてしまったので、サドルをFizik-ARIONEのVolcanoに交換している。ジーンズ穿きで乗るとちょっと尻が痛いが、パッド入りのインナーを穿くとちょうどいい感じ。しかし、相変わらず重装備のGaapだ…。

b0027830_21164621.jpg

b0027830_2117231.jpg


帰りは常盤ダムを巡る遠回りコース。海岸沿はほぼフラットだが、日差しがきつい!

GPSトラックデータ
b0027830_21194862.jpg

トリップコンピュータの記録
積算距離52.0km、最高速度54.7km/h、平均速度19.3km/h
[PR]

by buchi1201 | 2006-08-15 21:19 | 無線&自転車

勇んで出掛けたものの…

昨日の夜、私のFitの悲しい顛末をblogに上げた後、しばし茫然としていると携帯電話から阪急電車の列車到着時の音楽(メールの着信音…)が鳴り響いた!

「むむっ、誰からやろ?」と確認してみると@gaap.cafeのひろぽん。さんからではないかっ!しかも、「今、のらガープさんと大阪に向かっています!」とのこと…。まさに、シンジレビッチ(*1)な展開に「私も明日、大阪に行きます!」と返信。当前のことながら、ひろぽん。さんの目的地はこの人のところだっ!

一夜明けて、代車のFitにGaapを積みこんでいざ出発!第二神明から阪神高速と乗り継いで目的地へ向かったのだが、電話番号をメモったものを部屋に置いて来たのでカーナビへの目的地の設定が実にいい加減で、右折禁止やら路地やらに阻まれているうちにどんどん時間が過ぎて行く…。淀川を越えて、もう神崎川に到達するだろうと言うところでやっと車を停めるところを見つけて電話連絡…。取り敢えず阪急十三駅付近で落ち合うことにしたのだが、これまたバスとタクシーに阻まれて停車する場所が見つからない…。さらにうろうろしているうちに、今度は淀川大橋北詰まで来てしまった。もう、笑うしか無い展開だ。

もはや、ひろぽん。さん、のらガープさんと走ることはできないが、せめてお顔だけでもとここに向かうことに…。なんとかお会いすることはできたものの、実に残念…。電車で輪行すると、この時期は乗客が多そうなので車にしたのが裏目に出てしまった結末だ。

ううっ、悲しい…。しかし、色々な道を走ったおかげで車で出張に行くための経験値が貯まったので善しとしよう!

(*1)「信じられない」の意。
[PR]

by buchi1201 | 2006-08-14 17:41 | 自転車&自動車

車をぶつけてみよう!って、みたくないっ!

納車されてから1週間しか経っていないと言うのに、早速やってしまった…。

場所は、近所のスーパーのかなり薄暗い駐車場。大型店舗によくある店の建屋の2階、3階が駐車場になっているところだ。近くに車が置いてあったので、これに当てないように気をつかいつつ、バックカメラを確認しつつ、ミラーを確認しつつ、後ろも確認しつつ操作しているつもりだったのだが、駐車車両と反対側にあったシャッターか何かの支柱にゴン!さらに少しアクセルを踏んでいたのが災いして、さらに少しバックしてしまってリアガラスまで割ってしまった!

「とにかくディーラーさんに電話しよう。」と意外なまでに冷静な対応…。その後、修理してもらわないといけないので大阪のディーラーさんの工場まで運ぶため、状態が状態なので高速を使わずに下道を地道に走って行く。しかし、信号待ちのときルームミラーを見ると、こっちの割れたリアガラスのことをあれこれ言っているのがわかるのがこっぱずかしい(笑)。

なんとかディーラーさんに辿り着いて、ざっくりと見てもらうと修理費用が20万くらいかかるかも…、とのこと。うーむ、痛い、痛過ぎるが仕方がない。生命保険の積み立てファンドがある程度崩せるので、こいつを回すしか無い!(車両保険は使いたくないのだ)

帰りは代車を出してもらったので、今度は高速を使って自宅まで。予想外の展開で免許取得後、初の高速道路体験をしてしまった。入口とは言え大阪市内も初めて車を運転してしまったし、怪我の功名とはこのことか?でも、大阪市内に入った途端、結構ナチュラルに強引な車線変更をしていたな…^^;)。
[PR]

by buchi1201 | 2006-08-13 23:13 | 自動車

渋滞にはまってみよう!

私のホンダFitも納車されて1週間。通勤には使っていないので、今のところ土日にしか乗ってやれないのが残念なのだが…。とにもかくにも今日は運転の練習をかねて、須磨浦公園まで走ってみることにした。このルートの、須磨〜垂水にかけてのルートは土日はしょっちゅう渋滞が起きているのはよく知っているが、ここは敢えて行ってみるのだ!

ここは自転車でもたまに走るコースだが、自分が運転する自動車でははじめてのコース。ここはHDDカーナビの言う通りに従おうとしたが、やたら有料道の方へ案内してくれるので結局無視しまくり…。帰りに気が付いたが「一般道優先検索」をやってやればよかった。せっかくボイスコントロールもついているんだから…。

b0027830_17594193.jpg


しかし、まぁ、実際に道を走ると路上駐車やら二輪車のすり抜けやらのドキドキさせてくれるシチュエーションに加えて、ミニバンの後にひっついた時はなかなか前の状況がわからかったりといろいろあるもんだ。でも、まぁ、これを乗り越えないといつまでたっても運転できないので、今は修業のときだ…。

須磨浦公園に到着すると、Fitの撮影(といっても携帯電話のカメラしか持って来てなかったんだが…)と下りでのエンジンブレーキの体験を兼ねて公園内の坂道を登って行く。ちなみに、公園入口の有料駐車場にも入れてみて、初心者にありがちな「発券機から離れてしまって身を乗りだして駐車券を取る」という体験もしてしまった(笑)。

私のFitは以前から書いているように黄色…。勤め先でも「不人気色」だの、「下取料0」だの、散々な言われようなのだが、発色がよくて、威圧感もないし、遠目で見ても一発で「あるある」と分るので気に入っている色なのだがなぁ^^;)。惜しむらくは、Gaapのブラウンのように、もうちょっと赤みが入っていればっ!というところだ。初心者マークが初々しいぜっ(笑)。

b0027830_17595262.jpg

b0027830_180730.jpg

[PR]

by buchi1201 | 2006-08-12 18:00 | 自動車

自転車より時間がかかるぞ(笑)

本来なら今日は、久し振りにもう一台の『黄色い奴』Gaapで淡路島にでも行くか、それとも、運転の練習をかねて兵庫県立文化体育館のプールへ泳ぎに行こうかと考えていたのだが、昨日の時点で日曜出勤が決定してしまった。よって、今日は出社…。

出勤カバンとHDDカーナビに録音するCDを携えてフィットに乗車!今日も昨日に引き続き会社までの細い道を突き進む。しかし、この細い道は平日の朝7〜8時半頃までは抜け道になっているようで車が西向きに爆走して行くので結構危険な道だが(実際、数年前に小学生が1人はねられて死んでいる…)、さすがに日曜日はたまにフラフラ歩く老人を見かける以外は穏やかなものだ。

会社で黙々と仕事をしているうちに時間は昼に…。「近くの丸亀製麺にでも行くか」と思って車に乗って店まで向かったのだが、件の店はどこかで転回をかけなければ短距離でいけない場所にあるのだ。しかしながら、現在の技量で片側4車線で交通量の多い幹線道路での転回は自殺行為なので回り道をして進行方向を変えようとしているうちに「はて、どこらへんにあったやろう?」と唐突に場所が分らなくなる^^;)。

うろうろしているうちに、非常にややこしい初心者立入禁止のような踏切前の交差点にはまり込んだりして30分以上かかってやっと到着。お次ぎは当前のごとく車庫入れに四苦八苦…。うーん、これでは自転車の方が速い(笑)。

仕事が終って、カー用品店に携帯電話のハンズフリーセットを買いに行こうとカーナビで目的地を設定し車を走らせるのだが、いざ、店に入ろうとすると、近所のスーパーの駐車場出口から車がびっちりとつながっていて、カー用品店の駐車場入口を開けて車が連なっているのに気付くのに遅れて『時、すでに遅し…』。結局、別の店に向かうことにする…。実に弱い…。

まぁ、結果的に遠回りになったり余計に時間がかかったりしたが、その分、練習になったからいいか^^;)。
[PR]

by buchi1201 | 2006-08-06 21:45 | 自動車

『黄色い奴』が納車された!

何度も書いているように、年齢が高いので可能な限り車を運転しないと「ペーパー一直線」になってしまって何のために免許を取ったのか分らなくなるのを防止するため、免許取得前から車購入の算段を整えてきたが、今日、いよいよ納車された!

車種はホンダのFit1.3Aのコンフォートエディション。色はどちらかというと不人気な部類なのかも知れないがプレミアムイエロー・パール!駐車場に停めると目立つ目立つ(笑)。視認性のよさと、私の(ブラウンと言うより黄色に近い)Gaapに合わせて色を選んだのだが…^^;)。

ディーラーさんに自宅まで乗って来て頂いて、駐車場で各部の操作と車庫入れのレクチャーを受けていると、そのとき携帯電話が鳴り始めたではないかっ!いやぁーな予感とともに電話に出ると、図面を見ながらでないと話ができないので至急会社に出てくれとの指令…。急にドタバタとなってしまって後の予定もすべてスルーになってしまう。悲しいかなフィットの初乗りは会社行きになってしまった…(涙)。

あっ、写真撮るの忘れた…。
[PR]

by buchi1201 | 2006-08-05 17:16 | 自動車

運転免許を手にしたどー!

学生のときに取っておけばよかったものを、何の因果かいわゆる「オッサン」に片足を突っ込んだ(もう両脚までドップリじゃ、という話もあるかも…)年齢で運転免許を取得しようと教習所に申し込んではや2ヵ月と少し、ついに免許を取得することができた!

教習所の卒業検定にはこの間の日曜日に合格し、あとは最終関門の運転免許試験センターでの学科試験を残すのみだった。センターは平日しか開いていないし、盆休み中になるとかなり人が多くなりそうなのが一点。そして、明日の土曜日はもはや納車という一点のため、なんとか今週中には受験したかったのだが出張やら、緊急で図面提出のため徹夜決定やらで日程的に苦しかったが、今日なんとか受験することができた。

一応、朝に一度出社して仕事に支障がなさそうなことを確認し、もしもの場合に備えて図面のCADファイルの保存場所等々を後輩に言付けてから試験センターに出発。センター行きの路線バス乗場へ行くと、長蛇の列ができているではないかっ!「さすが夏休み中、あなどりがたいな…」と思いつつ、バスを待っていてもいつ乗れるのやらわからないのでタクシーでセンターに向かうことに…。

センター前に到着して中に入ると、これまた人が多い!しかしながら、受験手続・適性検査はマシーンのようにさばかれていくので多少の待ち時間を除けばあっと言う間だ。適性検査と言っても、ずらっと並ばされて「グッパッ、グッパッ」、両手上げ、片足でピョンピョン飛ぶくらいなのだが…(笑)。適性検査が終ると、12:50の試験時間まで待ち時間だが、若干の緊張もあり、試験問題集の復習をしているとこれまたアッ言う間に試験時間だ。

受験者は普通免許や自動二輪を合わせて400人程度で、200人程度収容できる試験室2部屋を使って試験が行なわれた。しかし、試験室の椅子が尻に合わず痛いこと痛いこと^^;)。やがて、マークシートが配られて、記入方法や試験時間等の説明が終り問題用紙の配付。残念ながら、透かし読み等の懐かしテクニックは出る幕がない…。

いざ試験が始まって問題を読むと…、「問題集と出題傾向が違うな…」という印象。問題集では、駐停車の時間やら追い越し追い抜きのできる場所など道路交通法の内容が理解できているかどうかを問う問題が多かったが、今日の試験の問題は、どちらかというと安全運転の心得のような、「学科教本」よりも「安全運転の知識」寄りの問題が多かったような感じだ。練習のときは95問を15分程で解いていたが、50分間の時間中、途中退出ができないので問題文をじっくり読みつつ40分くらい使って解答用紙にマークしていく。

試験が終って、1階のロビーの電光掲示板前で合格発表を待つ。幾つになっても、この結果発表と言うのは緊張するものだ。試験終了20分程度で発表!電光掲示板を眺めて自分の受験番号を探すと…、「あった!」。ホッと胸をなでおろす。免許交付時の説明を受けた後、ロビーに張り出された試験の得点と合否を見ると、私の得点は93点…。「うーむ、ギリギリやったな^^;)」と思うが、結果をざっと見ると半数程度の受験者が不合格になっている!これは聞きしにまさる酷さだ!その一方で100点も1人いて「こんな人もおるんや」と思う。後は免許証用の写真撮影を済ませ(ここでもマシーンのようにさばかれる(笑))、免許証交付を受けるのみ。

受け取った免許証の写真を見ると…、
「うーん、やっぱり犯◯者顔!(爆)」

次は、マニュアル車の間隔が残っているうちにフォークリフトの講習を受けとかないと!
[PR]

by buchi1201 | 2006-08-04 21:10 | 自動車